忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
このブログは、株式会社トミーウォーカーが運営するPBW「シルバーレイン」のキャラクターブログです。
まず初めにお読み下さい
当ブログへ初めてお越しの方は、
まずこちらをご覧下さい。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、銀と時雨、さくらと言う子とGTへ行って来た。

敵は少々強くなっていたが、いつもと変わりなく狩っていった。
が、いつもと違う事が起きた。
唯一の回復役である時雨が沈んでしまった。
しかも、目的を直前にして。さすがに、これは焦った。
いつも通り指示していたにも関わらず、敵に囲まれ強打2発で。
しかし、ここで退く訳には行かなかった。目的は目前。
頭狙いで特攻すればいいだけだ。

(ふと日記を見直す鷹一)
な、なんすかこれ?!
いくら、気持が昂ぶってたからって、これ、ねぇっす・・・。
オレらしくないっす!仕事は仕事。普段は普段っす!
ええい、こんなものはこうするっす!(ゴシゴシ)
(今まで書いてあった物を消しゴムで消している。)
ふう。これでよしっす!証拠隠滅っす!
(鷹一は立ち去った。)

(鷹一は消してしまったが、一部の筆圧が強かったらしく、
文字の跡は残っている様だ。)

銀の話では、どうやら俺は8度も立ち上がり、
目の前の敵に向って行ったようだ。

今まで、こんな事はなかった。
危なくなれば、帰還するのが当たり前だ。それなのに。
それなのに、何故特攻と言う選択をした?
何故、あんな気持ちになった?
何故、こんな昂揚と興奮が収まらない?

この学園は不思議だ。今までの生活と変わってしまった。
今までの"オレ"で居る必要がない。

しかし、今までの"オレ"はそう簡単に変われるわけは、無い。
まあいい。良い事なんだろうから。
PR
≪  14  13  12  10  9  6  5  4  1  7  3  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  14  13  12  10  9  6  5  4  1  7  3  ≫
HOME
プロフィール
名前:伊達・鷹一
(だて・たかいち)
ID:b24711
誕生日:1/17生(16歳)
ジョブ:魔剣士×ゾンビハンター
→ 詳しい設定はこちら
→ 背後の解説はこちら
プロフィール
名前:月神・銀太
(つきがみ・ぎんた)
ID:b24712
誕生日:10/15生(10歳)
ジョブ:
月のエアライダー×青竜拳士
→ 詳しい設定はこちら
→ 背後の解説はこちら
忍者ブログ [PR]